• ホーム
  • 花粉症対策にレーザー治療!?方法や費用などを解説

花粉症対策にレーザー治療!?方法や費用などを解説

花粉症の症状の中でも特に多くの方を悩ませているのが鼻づまりです。鼻づまりによって息をするのも苦しいという方もいるのではないでしょうか。そんな鼻づまりの解消に役立つ方法として注目を集めているのがレーザー治療です。鼻の粘膜をレーザーによって焼いてしまうことにより、鼻づまりの解消を実現するという内容となっています。そのことだけを聞くと危ないのではと勘違いされるかもしれませんが、レーザー治療は保険適応内でも行える正式な治療法です。耳鼻科を中心に行っている病院がいくつもあります。このレーザー治療はアレルギー反応全てを抑えるものではなく、鼻詰まりなど鼻に関する症状を抑えるものとなっています。鼻にピンポイントの治療を行う分、効果が大きいという特徴もあります。レーザーの照射前にはガーゼ麻酔をかけるので痛みはそれほど感じません。ただし、ガーゼ麻酔をかける際に少し違和感があるケースもあります。保険適応により費用はそれほど高くないのが大きなメリットとなっています。レーザーの照射に特に難しい要素はなく、医師の技術に左右されない施術といえるでしょう。

鼻の粘膜をレーザーで焼くということについて少しひっかかるという方もいるかもしれません。しかし、レーザーで焼いた後も必要な部分については再生されます。つまり、粘膜を全て取り除いてしまうような施術ではないということです。薬よりも長期間にわたって効果が発揮される点が利点と言えるでしょう。花粉症以外の鼻炎にも一定の効果があります。アレルギー性鼻炎で困ってどうしようもないという方にとっては、非常に役立つ施術となっています。

効果が長期間続くとはいえ、永続というわけではありません。数年後に再びレーザーを照射しなければならないケースもあります。それでも鼻づまりを解消した状態を1年以上にわたって実感できる点はこの治療法のメリットとなっています。費用はある程度かかりますが、他の治療法を用いたとしてもお金がかかることに変わりはありません。そのことを踏まえると効果が期待できるレーザー療法をも選択肢に入るといえるでしょう。レーザー療法は現在において様々な病院で実施されています。ところが、一部のクリニックなどでは実施されていないケースもあります。そのため、予めホームページ上などで確認しておくことが有効と言えるでしょう。施術を受ける前に花粉症のアレルギー反応を調べる血液検査などを行っておくと、その情報が今後役に立つ可能性もあります。