• ホーム
  • 花粉症の飛散時期を知って回避しよう!

花粉症の飛散時期を知って回避しよう!

日本においては花粉は一年中飛散しています。しかし、毎月同じ花粉が飛んでいるわけではありません。花粉症の方にはそれぞれアレルギー反応が起こる花粉というものがあります。それぞれの飛散時期を知っておくことで対策を立てなければならない時期が見えてきます。例えば、スギの花粉は3月から4月にかけて飛散します。多くの地域で飛散することから、スギ花粉に悩んでいる方は非常に多くなっています。スギ花粉にアレルギー反応が起こる方は3月から4月にマスクをつけるのが有効と言えるでしょう。その時期が過ぎるとヒノキの花粉が飛び始めます。

スギとヒノキは入れ替わるような形になっています。それゆえに5月の初旬に入ってからも花粉症の症状に悩んでいる方はヒノキに反応している可能性があります。医薬品によっては花粉の種類に合わせて選択する必要がある場合もあるため、自分のアレルギー原因物質について知っておくことは非常に大切です。春は花粉症のシーズンとして認識されていますが、実際には夏や秋にも飛散している花粉があります。その中でも特に多いのがブタクサです。ブタクサはスギやヒノキに比べると背が低く、飛散範囲が狭めとなっています。それゆえにブタクサに悩まされている方はやや少なめですが、確かにこの植物にアレルギー反応が出る方もいます。多くの抗アレルギーの医薬品は予め飲んでおくことによって、高い効果を発揮します。自分の苦手な物質が舞う時期を知っておくことで、医薬品の処方のタイミングを調整しやすくなる可能性もあります。春、夏、秋でそれぞれ異なることに注意しておきましょう。冬はほとんど飛散していないとされますが、地域によってはアレルゲンが飛んでいる可能性もあります。

桜が咲くタイミングが異なるように、花粉が飛散するタイミングにも地域差があることには注意が必要です。首都圏のニュースばかり見ていて、飛ぶ時期を間違えたという方もいます。マスクは有効な予防手段ではありますが、マスクを上から手で触ってしまったりすると花粉が室内などに落ちてしまう可能性もあります。また、マスクの性能もメーカーによって違いがあります。

どの季節であっても対処法に大きな差はありません。大切なのは自分がどのようなアレルギー原因物質に反応するかということです。そのことを知っておけば、予防するべき時期や季節も分かります。アレルギー原因物質を特定したいという場合は耳鼻科などで血液検査を受けることが有効となります。飛散時期に合わせた対処が重要です。