• ホーム
  • 市販薬クラリチンEXは効果があるのか

市販薬クラリチンEXは効果があるのか

大正製薬から販売されている医薬品の1つにクラリチンがあります。クラリチンはロラタジンを含んでいる抗アレルギー薬であり、アレルギー性鼻炎に大きな効果を発揮するとされています。クラリチンはアレルギー性鼻炎への効き目だけでなく、副作用が少ないことにもこだわった医薬品であり、日常生活になるべく支障をきたさないように配慮されているという特徴があります。効き目が長いことも1つの特徴です。クラリチンは1日1回1錠飲むだけで24時間効果が持続します。毎日決まった時間帯に飲むことにより、効果を維持しながら生活を送ることが出来ます。花粉症で悩んでいる方の中にはモーニングアタックが最大の悩みという方もいます。モーニングアタックとは、朝起きた時に花粉症などのアレルギー症状が強く出てしまうことを指します。クラリチンの場合は24時間効き目が続くため、このモーニングアタックにも対処することが出来ます。

クラリチンは脳に入りにくい抗ヒスタミン薬となっています。抗ヒスタミン薬を服用すると眠気が起こりやすいのは、その成分が脳にまで入ってしまうからです。脳の働きを低下させることが眠気に繋がります。クラリチンに配合されているロラタジンは脳に入りにくい成分となっているため、集中力を阻害することもほとんどありません。仕事や勉強に集中したいという方にとっても非常に役立つ成分と言えるでしょう。クラリチンはドラックストアでも購入することが出来ます。ドラックストアごとに価格が異なっていることもあるので、その点には注意しておく必要があります。大正製薬ではこの他にも様々な薬を販売していますが、このクラリチンは特に人気となっています。

副作用が少ないのは間違いないですが、完全に副作用が発生しないということではありません。体質によって副作用に違いが生まれることもあるので、自分にとって合っているかを確認しておくことが大切です。また、この抗ヒスタミン薬は1日に1回飲むだけで効果を発揮します。何度も飲んでも効果が高まるわけではなく、副作用の影響が大きくなってしまいます。それゆえに仮に効き目が感じられなかったとしても、服用量を変えないようにしましょう。ロラタジンの作用のおかげで効き目が出るまでのスピードが速いこともメリットとなっています。花粉を何となくでも感じた場合はそのタイミングで服用するということも出来ます。ただし、1日に2錠以上飲まないようにしましょう。