• ホーム
  • 子供だけじゃない!アトピー性皮膚炎の原因って?

子供だけじゃない!アトピー性皮膚炎の原因って?

アトピーと言えば小さな子供がかかるイメージがあるかもしれませんが、大人であっても発症する可能性があります。アトピー性皮膚炎というのはかゆみのある湿疹が良い状態と悪い状態を繰り返す病気を言います。アトピー性皮膚炎には様々な理由が考えられますが、ほとんどのケースに共通しているのが皮膚のバリア機能が低下していることが関係しています。人間の皮膚にはバリア機能が存在し、紫外線や乾燥などの刺激から守られるようになっていますが、アトピー性皮膚炎にかかる方の場合は何らかの理由でバリア機能が低下していることが多いとされます。それゆえに肌に湿疹などができやすくなっています。本来体は乾燥や紫外線など、外界からの刺激に耐えられるようになっていますが、免疫が過剰反応してしまうこともあります。

アトピー性皮膚炎になった場合はスキンケアが一層重要となります。言い換えればスキンケアを根気強く行うことによって、症状を大幅に緩和することも出来ます。スキンケアにおいて重要となるのが保湿です。肌は様々な要因で水分を失いますが、水を飲んでもすぐには回復しません。そこでクリームなどを塗り、肌から水分の飛散を防ぐことが有効です。肌の細胞に水分がもたらされていると、ターンオーバーなどが正常化されるので肌トラブルを防ぎやすくなります。

アトピー性皮膚炎はアレルギー性物質への過剰反応によって起こることもあります。過剰反応を予防するためには免疫の正常化が必要といえるでしょう。腸内環境は免疫に大きな影響を与えるため、食生活を工夫することによって過剰反応を予防することが出来ます。なるべく刺激を与えないことも重要となっています。免疫を過剰に反応させないように化学物質などにも注意しておきましょう。保湿するために使用した製品にたくさんの化学物質が含まれていると、その物質に反応してしまう可能性があるからです。オーガニック製品でスキンケアを行うことでそのような問題を解決することが出来ます。アレルギー性の疾患はいずれも異常な免疫の反応と関係しています。それゆえに健康な方でもある日突然発症してしまう恐れがあります。いつもと違う異常な症状が出始めた速い段階で対処をすることが出来れば、軽度の症状で抑えられる可能性もあります。いずれにしても体調との関連性が強いため、体調の低下を感じたときにはいつも以上にスキンケアなどを入念に行うことが重要となります。原因が分かれば対処しやすくなりますが、原因が分からなかったとしても生活習慣を改善することは有効です。