• ホーム
  • ザイザルでアレルギー症状を緩和!驚くべき効果とは?

ザイザルでアレルギー症状を緩和!驚くべき効果とは?

せきが出ている女性

抗アレルギー薬として人気となっているのはジルテックだけではありません。その1つがザイザルという治療薬です。ザイザルはヒスタミン受容体に拮抗する作用を持っており、アレルギー反応を抑えることが出来ます。仕組み自体はジルテックと大きく異なるものではありません。しかし、ザイザルの場合はレボセチリジンを主成分としており、主成分にも違いがあります。ザイザルを使用するとレボセチリジンがヒスタミン受容体に作用します。これにより、花粉などのアレルギー成分が受容体に入りにくくなります。これがアレルギー症状を抑える仕組みです。ザイザルは1回1錠を就寝前に服用することが推奨されます。これは副作用として眠気が発生することがあるためです。ザイザルの副作用としては他にも吐き気や倦怠感などがあります。花粉症薬の副作用の出方には個人差がありますが、軽度の吐き気や倦怠感についてはある程度想定されます。日常生活に支障をきたすほどの副作用が出てしまったときには、すぐに服用を中断することが重要となります。その後、必要に応じて医師の診断を受けるようにしましょう。呼吸困難や血圧低下、アナフィラキシーショックなどが発生した場合には使用をやめることが重要です。白目などに異常があったときには眼科の診断を受けるようにしましょう。

成人の方の場合は1回に1錠の服用が基本となりますが、7歳以上15歳未満の場合は1回に半分の量を服用します。6歳未満の場合は原則として服用することが出来ません。眠気を催すことを想定し、自動車の運転前などには飲まないことが大切です。ヒスタミン受容体に作用することにより、花粉症のアレルギー反応を緩和することが出来ます。症状が表れてから飲むことも効果がありますが、症状が表れかけた段階で飲むことが出来れば一層高い効果を実感できる可能性があります。

基本的には就寝前に服用することが好ましいとされますが、アレルギー症状が出るタイミングによっては朝食後に飲むことも出来ます。空腹時を避けることで副作用を緩和できることがあります。誤って多く飲んでしまったときには、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。医師の指示で飲むことになった場合は自分の判断で服用をやめないようにする必要がありますが、重い副作用が表れたときにはその限りではありません。自己判断で飲むことを辞めることが重要と言えるでしょう。アルコールやカフェインの入った飲料をたくさん飲んだ際には、この治療薬の効果に影響が出ることもあるので注意しておきましょう。