• ホーム
  • アレグラは最も有名な花粉症治療薬?

アレグラは最も有名な花粉症治療薬?

鼻をかんでいる女性

数ある花粉症治療薬の中でも高い知名度となっているのがアレグラです。アレグラはフェキソフェナジン塩酸塩を主成分とする薬であり、市販薬としてドラッグストアなどで取り扱われているため、簡単に購入可能となっています。フェキソフェナジン塩酸塩も他の抗アレルギー薬に含まれる成分と同様に、アレルギー反応を抑える作用を持っており、花粉症などによってアレルギー性鼻炎で悩んでいる方にはぴったりです。このアレグラには他の花粉症治療薬とは少し異なる特徴があります。それは副作用である眠気が現れにくいということです。一般的な花粉症治療薬には眠くなるという副作用が存在しており、それによって飲むタイミングに注意しなければなりませんでした。しかし、アレグラの場合は眠気が現れにくいため、タイミングをそれほど気にしなくても服用することが出来ます。これが抗ヒスタミン薬としては画期的な特徴です。では抗ヒスタミン薬の中でアレグラが特筆して高性能かと言えば、そうとは限らない部分もあります。副作用が少ないということは主作用もそれほど強くはないということです。重いアレルギー性鼻炎などを抱えている方の場合は効果を実感しにくい可能性があります。それゆえに自分に合った花粉症治療薬を選ぶことが非常に重要といえるでしょう。

アレグラは眠くなりにくいタイプの抗ヒスタミン薬なので、仕事前などにも服用することが出来ます。鼻炎の症状が突如現れた場合にも助けとなります。ただし、副作用が現れにくいと言っても、完全に現れないわけではないことに注意しておきましょう。体質によってはアレグラであっても眠くなることがあります。また、アナフィラキシーなど重い症状が出た際に服用を中断しなければならないことは同様です。普段から使用している薬がある場合は、影響が出すぎてしまうことも考えられます。持病を抱えている方は医師に服用しても大丈夫かを相談しておきましょう。

アレグラはそれほど強い成分を使用していないため、年齢の低い層でも使うことが出来ます。他の治療薬を年齢制限によって使えない方にとっても便利といえるでしょう。しかし、この治療薬においても用法や用量を誤ることは大きなダメージに繋がりえることです。使用上の注意を確実に読んだ上で服用するようにしましょう。効果が見受けられない場合でも服用量を増やしてはいけません。しばらく様子を見るか、他の治療薬に切り替えるようにしましょう。